すちゃらかぁん。

好きなことをだらだら書いちゃってます。

畑健二郎展へ行ってきたのだ!



ランキング参加中です!  ぴょぁぁ君ポチっとしてもらえると嬉しいです!



水色 : ざれんくん (基本書いてる人)
ピンク : 神属性魔法少女ざれんちゃん (いつからかいる、もうひとりの自分)
紫 : よくわからないけど役目たくさん


 

1週間以上前に。
どもども、とっくに終わった東京会場でした、ざれんですー。

 

 

福岡行く皆さん。
そんないっぱいお写真載せないつもりですが、ネタバレ無理ー! って方はブラウザバック推奨ですよ。そりゃあそうだ!
なので、先にひとつだけ忠告をば。
AR機能を使って、スマートフォンカメラでお宝探しみたいなことが出来るんですよ。会場内。その機能がですね、かなりガバガバ。AR読み込む為のページにはQRコードを読み込んでいくのですが、それ、毎度タブ消してページを開くところからやることをおすすめします。どういうこったか知りませんけども、5箇所あるARのうち5個外れ、なんてことを体験しましたので、絶対開き直した方がいいです。そうしたら見つかりましたから! んね! 1時間費やしたあたしの苦労、皆に報われて……!

 

という感じで、簡単めな報告記事です! のつもりです! どうぞ。

 

 

 

 

 

有楽町マルイ!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。
曇天。

 

でけー。

 

入口には!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。入口。
描き下ろし勢揃い。

 

やってるー。

 

ということでやって参りました。有楽町のマルイ。
そこでは2022年10月16日まで、あたしの大好きな漫画、ハヤテのごとく! の作者である畑先生の展示会、「畑健二郎展 ~ハヤテのごとく! とトニカクカワイイとその他展~」がやっておりました!
またも、結構ギリギリに予約して行ったのでした。

 

 

 

入ってすぐ、開催中イベント一覧が!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。イベント一覧。
8階で開催。

 

うおぁっ、ストリートファイターのポップアップショップだってよ! 行きたい!
い、いやまずは予約時間もある、8階へ行くぞ!

 

そうして、エスカレーターで8階へ向かった!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ローゼンメイデン展。も、やってるよ。
畑健二郎展、会場前。

 

ろ、ローゼンメイデン展やってるー!? 行きたい……!!
ぐ、ぐぃやっ、ダメだ、予約時間がある、畑健二郎展へいざ!

 

 

 

 

いざ入場!
の、辺りの写真がない。

 

入口受付では、事前チケットを購入した証明、QRコードを提示します。
どうやら事前予約の人は少ないみたいで、受付のお姉さん、QRコード読み込みに苦戦。後ろでは突発入場待機の人たちが、数人いました。事前予約者が優先なんですね。
そいでどうにか読み込み成功して、説明等受けつつ、入場特典を獲得! これは、グッズ付きチケットを買った人限定ですよ!

 

そのお写真はさっき撮った(笑)!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。事前チケット。グッズ付きチケット。グッズ。入場特典。それが声優!
ポストカードで時期バレ。

 

今回の展示会デザインのブックカバーと、畑先生幻の読み切り作品「電神ソフィア」のネーム、期間によって変わるポストカード、です!
ポストカードは、ハヤテに始まり、トニカワ、アスパラと来て、それが声優です。いい順番ですねえ。本気なら前半、気を抜いても終盤、といった具合(笑)。いい振り分けです(笑)。
ブックカバーは、文庫本を包んでくれるあぁいうんでなく(笑)、単行本カバーのような作り。気に入らない単行本をこれで隠してしまおう! そんなのないけど!

 

 

 

ここから、会場内展示!
現場(笑)でも、かなり絞ってお写真を撮ったのですが、ブログでは更に厳選して載せることにしましょう! 無制限とは恐ろしいものなんですよ!

 

お写真と、何かしらあれば言葉も付け加える感じでいきましょう。

 

 

 

 

豪華色紙!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ゲストの豪華色紙。青山剛昌、高橋留美子、イノウエ……あ、敬称略です。
サンデー作家陣。

 

先日Twitterを始めた小春先生の色紙なんかがいいですね。いつもの、って言っちゃあ失礼ですが、サンデーベテラン作家陣に混ざる新星! いいじゃないですか。坊ちゃん画風で、ナギとヒナさんの絵ですよ。いいね!
そんなベテラン作家さんも、普段ピンク髪なんてないでしょうから貴重な物が見られていますよ! あ、留美子先生はToLOVEるのララを描いていましたね! あれ良かったなあ。青山先生は青山先生過ぎますね。いつも通り感(笑)。いい意味で、ですよ……!

 

豪華色紙パートツー!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。声優陣色紙。イヤホンズもあるよ。
声優陣も!

 

ハヤテの声優陣が今のコメントをくれる、これがなんとも素晴らしい。一向に再アニメ化の話が出て来ないので、これはとっても嬉しいです。
くっ、なぜだ、田中理恵さんの名前を見るだけでヤクルトかなんか飲みたくなってくる……(笑)。
は、さておき、イヤホンズもいいですね! まさかメンバーがあそこまで売れるたあ、って思います。それが声優の時期は一番、ハヤテにも冷めていた頃なのでアニメが無かったら知らないままだったかもしれません。あぶねえー(笑)。いやいや、るろうに剣心楽しみです(笑)。

 

最初に書きました、ARってのがこれ。
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ARの宝探し。特別イラストあり。コイツだよコイツ。外れは。
外れ画面。当たりは自分で見つけてみてね!

 

当たりは特別イラスト、外れは懐かしのコイツです(笑)。
先に書いた通り、謎のバグか仕様かで外れまくったのでコイツの顔を何度も見ることに。こんな再会の仕方をするとはね(笑)。
それにしてもコイツすごいですよね。ハヤテよりもよっぽど有名になってますよね(笑)。コイツ、アニメ1期にしかいなかったけどなあ、ホントすごいよなあ。

 

てな感じで一旦区切り、お次はハヤテ関連だけでいきましょう!

 

 

 

これが結局一番好きなイラスト!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ハヤテのごとく! アテネ編の繋がる表紙。これが一番よ。
写り込むレンズと重なる光。

 

やっぱこれでしょう! アテネ編、つまりは絶頂期! 絵もお話もここらが一番好きです。これは単行本の繋がる表紙です。
これ当時、アニメイトでクリアファイル買ったんですけどね、どっかいきましたね(笑)。一番好きなのに!? 壁に貼ってたんだけどなあ。

 

絵で言うと、あたしの好み。
初期、前半は思い出補正含め好きですね。そこから中盤……アテネ編が中盤なのかあ…………20巻台とちょい前くらいですよね、が一番好き! そいでデジタル突入から、後半、暗黒期(笑)。熱冷めの理由は3期アニメもありますけど、あれはまだよかったんだ、絵が別物みたいになったことがダメでしたねえ。結局原作最後まで、絵はもうダメでした。お話で言えば、同人誌編終わってようやく復活! って勢いでしたけれども。という、あたしの好みをちょっち把握した上でお次どうぞ!

 

あっ、これは好き(笑)。
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ハヤテのごとく! アニメ3期を回収したイラスト。これはどうあれ、好き。
絵柄はもう変わってる。

 

アニメ3期のクライマックスを拾ってくれたイラストですよね。
これは、これはね、良い(笑)。絵とかじゃない、よくぞ回収してくれた! と(笑)。嬉しかったし、好きだなあ。これ見るだけで3期の、挿入歌流れてきますよ(笑)。挿入歌? 挿入歌だよね? あれ、自信ねえわ(笑)。

 

こう見るとどうやら、2011年まではこれでもか! って程好きで、2012年以降極端に絵が変わってますね。こう見ると、って比較対象全然載せてないですね。めちゃくちゃピクチャフォルダ見て書いてます(笑)。

 

下書きとか設定資料!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ハヤテのごとく! 設定資料。イラスト下書き。
これこそ贅沢、醍醐味。

 

初期の苗字違うハヤテ君だったり、未だに使われるにゃー! のイラストのハヤテ君だったり(笑)。これぞ展示会! いい物が見れる……! 奥側は、初期のネームだったり映画のネームも。
映画は本編もそうだし、小説版をまあ何度も読みましたよ。あそこら辺アツかったなあ。劇場は行かなかったんですけどね(笑)。
初期ネーム見ると、サブタイトルの良さを再確認しますね。初期のサブタイトルは今でもすぐ浮かびますもんね。

 

他、めっちゃ贅沢な下書きたちが沢山展示されておりましたが、それは皆さんの目でご確認ください! あたしはたまに、フォルダから見返すことにします(笑)。

 

締めはこれ! 題字!!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。ハヤテのごとく! 畑先生のお母様による直筆。ヤバい。
大迫力。


ぬおー! 畑先生のお母様による、32巻以降のタイトルロゴです!
これは変わった時も衝撃でしたね。背表紙ダサっ! ってなりましたもん(笑)。いえいえ、題字自体は素晴らしい。そして目の前で直筆を見た迫力! これ、ヤバかったなあ。かっけえロゴだあ……。

という感じで、トニカワゾーンへ。

 

 

 

 

覗き穴コーナー!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。トニカクカワイイ。覗き穴!
そんな直球な名前ではない。

 

やって来たぞ! 地味にこれが楽しみだった!
3つある穴を覗いて、つかっさんとナサくんの現場を激写しよう! というコーナーでございます。燃えますね(笑)!

 

とりあえず中はこう。
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。トニカクカワイイ。覗き穴! 中身、えっちじゃん。
あらあ。

 

えっちだね。
ということで、あのキスシーンを綺麗に覗き穴越しに撮ってみましょう。

 

べべーん!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。トニカクカワイイ。覗き穴! ふたりのキッス! キスシーン!
でろでろーん。

 

収めたッ! めっちゃ簡単だった……!
遠目でも撮りましたが、そっちはそっちで丸見え感あってえっち。

 

では最後に、要ちゃんを。
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。トニカクカワイイ。覗き穴! 要ちゃん。
草津温泉風湯布院。

 

うん。トニカワで一番好きなキャラ、要ちゃんかも。
ふと思った。

 

 

 

そこから先へ進むと、長い展覧会名の中の略されている部分、その他展になります。
未公開作品だったり、それが声優、失われしアスパラなどが展示されておりました。


ハヤテに登場した宇宙人、マヤが主役の作品なんかはちょっと掲載して欲しくもありますね。マヤが先とは知らなかったです。
他、謎の王シリーズが面白そうでした(笑)。釣りとか、部活とか(笑)。
青山剛昌短編集、みたいな感じで出ませんかね(笑)? ハヤテのごとく前2みたいなのが出なかった時点で、ダメかもしれませんね(笑)。

アスパラ供養。
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。アスパラ。略称でしか書けない。
アド・アストラ・ペル・アスペラ。

 

流石のあたしも正式名称を打つのが嫌なタイトル(笑)。覚えちゃ、いますよ。4コマで覚えましたよ(笑)。
1巻が第1部といったことで、2部は永久に来ない(笑)。もう無いんだ。真仮面ライダー並に絶望的なんだ……!

 

 

 

 

メッセージ書いたよ!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。メッセージ。ざれん。
真ん中の字がちっちゃいやつ。

 

個別に撮ったやつが、めちゃくちゃボケていたので貼った後のお写真ですいません。周りの人、巻き込んでごめーん! でも俺たち仲間だろ? 許せ!
ええ何度も書きますが、ARのせいで疲れ果てたざれんくん。手も震えて、なんて拙い文字になってしまっています。うーん、見返すと無念! 愛と熱は伝わっていると信じて……。

 

もう1回書いた!
有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。メッセージ。ざれん。デジタル版。
左上。

 

なんとデジタル版もありました。タブレット端末に書いて投稿! すると、こうしてモニターにランダムで映し出されるのです! すげえ!
今度はデジタル不慣れで、文字がブレていく(笑)。思えばいつかのハヤテ完結展でも、変な字を書いていました。ハヤテが絡むと、それは宿命なのかもしれません(笑)。

 

メッセージでは、おそらく東京特権でしょう。声優陣やアニメスタッフのメッセージを見つけることが出来ました!
いやあ、いい物沢山見られましたよ。声優陣のメッセージを見ていつの日か、ハヤテ再アニメ化を願って……。

 

 

 

おわり!

 

 

 

 

 

簡単に、って言って4000字。バカな。

 

 

 

グッズ、グッズはですね、お金あったら買ってしまいそうでしたので、財布をほぼ空にしてきました!
最近思い付いた作戦で、ぷよ主義の時も実行したのですよ。現金至上主義のあたしが、現金を持たない。すると、散財しない! なんて画期的!
まあ理由もあってハヤテのTシャツは欲しいなあ、と一瞬思ったのですが、プリントの質感が貼り付けタイプだと予想した上で。予想通りだったので結果オーライでしたが、分厚い展示会本くらいは買えるお金持って来ればよかったです(笑)。

 

 

 

さてさて、会場を後にすると目の前にはローゼンメイデン展。
見ればなんと、当日券があるじゃないですか。

 

ふむ、値段を調べてみよう。有楽町。マルイ。「畑健二郎展~ハヤテのごとく!とトニカクカワイイとその他展~」です。名前長いっ。の後。ローゼンメイデン展へ。値段。入場料。安い。
特設ページ。

 

えっ安っ! 行く!

 

ということで展示会ハシゴ!
次回、ローゼンメイデン展編でお会いしましょう!

 

 

 

関連記事ーの。

ふ、古い記事だあ……!

 

 

読んでくれてありがとうございますー! すすー!
ではまた~。

 

 

トップに戻る

記事内の版権画像、映像等は元の権利者様に帰属します。

Copyright © 2014-2022 Zaren_Oberio All Rights Reserved.
Copyright © 2014-2022 KMZC All Rights Reserved.